お知らせ
Information

All Cafe Space Event Space Learning Space Guide Other

スパイスカレーの世界と出会う3時間―MIKATAラボ9月―

Event Space

今月のMIKATAラボは、スパイスカレーのワークショップ🦣🐘

今回のラボに講師としてお越しくださったのは、1年前に大崎上島で新しくオープンされたスパイスカレー専門店「TAKEMOTO-KURRY」の寺川さんです🧑‍🍳🍛

寺川さんは関西に拠点を持たれながら、「大通りにあるお店のシャッターを下ろしておくなんてもったいなくて」と、大崎上島のご実家である旧・眼鏡屋さんを改装し、カレー屋さんとして再びシャッターを開けられました。今回はそんな寺川さんを講師に、小学生2名、高校生2名、大人4名の合計8名の方がミカタカフェに集まってくれました🏠

スパイスの入った瓶の蓋を開けるとコミュニティスペースいっぱいにスパイスカレーの香りが💭

まずはみんなで原材料になるスパイスの香りの違いを楽しみました😌

”実はスパイスには味はなくて、スパイスって香り・辛味・色味の3つの役割なんですよ”

そんな豆知識を教えていただきながら、ちょっとずつ仕込みを始めていきます🥘

今回は、使うスパイスの種類を変えた3種類のスパイスカレーを製作し、スパイスの違いで見た目や味がどう変化するのかをみんなで探究してみるという内容のワークショップを行なっていただきました🙌

ぐつぐつ、ぐつぐつとホールのスパイスを油で炒めはじめる第1工程から、3つの鍋は違う色に。

ちょっとずつ差が見えはじめてくるのを楽しみながら、トマトやグリーンレモンなど、島の恵を使って、カレーの具材も準備していきます🍋🍅

世代も、住んでいるところも、国籍も違う8人が、”調理”という共通言語を通すと、自然と会話が広がっていくから不思議です🌎はじめましてとは思えないくらい和やかな時間が流れていました😌

シナモンのアクセントがしっかりきいた鍋。

隠し味にヨーグルトを入れた鍋。

スパイスを他の鍋よりもしっかり焦がした鍋。

ほんのちょっとだけ、スパイスの種類や調理の工程を変えるだけで、びっくりするくらいに見た目も香りも違っていました🌿

”違いを楽しむ”

料理の世界でも、日常で起こることでも、そんなふうに捉えられるようになると、見える世界も変わってきそうです🌍

”ここのシャッターは開いていた方が良くないですか?” 

そんな言葉とともに、今まで踏み込んだことのなかった飲食店の世界に踏み込まれた、TAKEMOTO-CURRY・寺川さんのお話。出来上がった3種類のスパイスカレーを囲みながら、地元を想われる寺川さんの生き方についてお聞きしました🌱寺川さん、素敵なお時間をありがとうございました!

寄付

Donation

1杯のコーヒーでオトナが⼦どもたちを応援できるように、 誰もが誰かのミカタになれるようにと願いを込め、 ミカタカフェと名づけました。
私たちの活動にご賛同いただける皆さまからの温かいご支援をお待ちしております。